相続登記について

 相続は、亡くなった方の資産及び負債があれば負債をもすべて相続人が引き継ぐことになります。そして、相続人が複数いる場合、どの資産を誰が取得し、どの負債を誰が引き継ぐのか等の取り決めをすることを遺産分割協議といいます。
 そして、不動産を所有している場合は、その遺産分割協議に基づき、亡くなった方から相続登記をして名義を変更する必要があります。
 相続登記は、「誰に依頼していいかわからない」又は、「遺産分割はしているし、亡くなった実家は実際私が住んでいるから」と考えて、登記手続きを放置している場合がありますが、後に非常に複雑な問題を発生させる危険性があります。→詳しくは、「相続登記放置の恐怖」をご覧下さい。

相続登記の主な流れは以下の通りです。

1.お電話又はメールでのお問い合わせ

 相続人の構成や、相続の対象となる不動産などをうかがいます。また、必要な書類をお伝えします。
 具体的な打ち合わせのために面会できる日時を決めます。
 (メールでのご質問の方は、原則24時間以内にメールでご連絡差し上げます。)

2.相続登記の打ち合わせ

 相続登記に必要な書類の内容の確認をします。相続人同士で話し合いの有無等をおたずねします。
 登記費用のお見積もりもいたします。
 戸籍・住民票の取り寄せは、代行して取得できますので、お気軽にお申し付け下さい。

3.必要書類の作成・取得

 遺産分割協議の作成・戸籍の取得などの登記に必要な書類の準備をしていきます。
 各相続人に遺産分割協議書の内容を確認の上、実印を押印していただきます。

4.登記申請

 すべて必要書類がそろったら、管轄法務局に登記を申請します。完了までに1週間ほどかかります。

(相続が発生したときに故人の資産が一定額以上(注1)ある場合、相続税が発生することがあります。相続税の納付期限は相続開始から10ヶ月以内です。この期間を超えてしまうと延滞金が発生してしまいます。相続税について不安を感じている方も一度ご連絡いただければ、信頼のおける税理士をご紹介しますので、不安をお持ちの方はご連絡下さい。)

注1 一定額以上の資産とは原則
      5000万円+(相続人の数×1000万円)です。
   これは、現金だけでなく、不動産、株券、国債等の債権など全ての資産の合計額です。
   この金額を超えた分から相続税が発生します。

 

費用・報酬

相続登記報酬  52,500円(※)〜

登録免許税    固定資産評価額×1000分の4

実費        物件の謄本取得・戸籍費用等

※ 自宅の土地建物を親子間で相続する場合です。土地の筆数(個数)が多くなるなど事案によっては異なります。
また、戸籍謄本などを当事務所で取得する場合、市役所等に1回請求するごとに2,100円かかります。